地域住民主体・地域密着型特養[いやさか苑]社会福祉法人播陽灘・入居された地域の方々が自分らしく生き抜き、毎日を楽しく過ごせるように…
TOP-CONCEPT
施設の概要
ご利用までの流れ
日常生活・年間行事
ブログ(いやさか苑の毎日)
アクセス
メール(お問合せ)



特別養護老人ホーム
いやさか苑
社会福祉法人 播陽灘
〒672-8013

姫路市白浜町宇佐崎北1丁目29番地
TEL 079-247-1122
FAX 079-247-1133



*いやさか苑は、
地域住民主体・地域密着型特養です。
地域がつながるための社会資源でありたいと願っています。







 
     
 ゆとりと笑顔のある暮らし…いやさか苑の365日

  
 
「いやさか:弥栄」とは、平安時代にますます栄える事、繁栄を祈って使われた言葉で、万歳の意味があります。又、当施設のある灘地区では灘祭りが有名ですが、その掛け声「ヨーイヤサ」の語源とも言われています。

当施設は、入居された地域の方々が自分らしく生き抜き、毎日を楽しく過ごせるように、「いやさか」と日々心に念じ、支えていきます。
            社会福祉法人 播陽灘 理事長
                      いやさか苑 職員一同


     

 自分らしく生き抜き、毎日を楽しく過ごせるように…心のこもったサービスを提供します。

  
理 念(根底にある考え方)
私達は『誠意』『清潔』『安全』の心を持って行動し、地域の方々の尊厳を支え
『ゆとりと笑顔のある暮らし』を実現するため貢献します。

方 針(目指す方向)
1.豊かな社会の実現に向って『誠意』に尊厳を以て取り組むこと。
2.快適な生活が営めるよう『清潔』に尊厳を以て安心できるサービスを提供すること。
3.心のこもったサービスを尊厳を以て『安全』に提供すること。

■基本方針         
1.利用者本位のサービスの取り組み(人権の尊重)

利用者の自己決定と選択を尊重するとともに、絶えず利用者のニーズ把握・権利擁護に努め良質かつ安心・安全な福祉サービスの提供に努めます。
2.地域社会との交流と連携(地域福祉の推進)
地域との積極的な交流を図り、多用な関係機関・組織、個人との連携・恊働(ボランティア活動等)を通し拠点施設として地域福祉の推進に努めます。
3.施設の機能・役割の発揮(地域密着型サービス)
高齢者福祉施設の機能提供や関連事業との一体的・効率的・柔軟かつ健全な経営を図り、複合体福祉施設としての有益性を十分に活かした福祉サービスの提供に努めます。
4.人材の確保・育成に向けての取り組み(「学びあい」職場環境の充実)
職員個々の能力開発・技能習得・接遇マナーを推進するとともに、実習生の受け入れや職員交流等での学びあいで、一人ひとりが相互に支え合い、励ましあって職場環境の充実に努めます。
5.安全・安心への取り組み(法令遵守)
施設内の安全管理や経営を行なう上で基本となる各種法令(社会福祉法・労働基準法・労働安全衛生法・消防法・個人情報保護法等)の尊守(コンプライアンス)、社会的規範やモラルに努めます。

■行動指針  【私たちの想い】 
☆☆☆YES WE CAN!  『私たち』を意識する

・私たちはチームワークを信じ、『私』の価値ではなく『私たち』の価値を重視します。
・同僚を越えた絆・信頼関係を築き、同士としてお互いに高め合います。
・自分と異なる考え方や言動を価値あるものとしてまず受け止めます。
・さまざまな考え方の可能性を信じ、謙虚さを常にもち続けます。
☆☆☆WOW!  『要望』に応える
・私たちは『どんな気持ちになっていただけるか』を考えて行動します。
・相手の期待以上のものを提供できるように心がけ、『WOW!』(安心)と思っていただけることを心がけます。
・一人ひとりの成長なくして全体の成長はありえません。今できることだけでなく、未来のありたい姿に目標を立てて、次に実現する方法を考えます。
☆☆☆ACTION!  『主体的』な行動者でいる
・私たちはできない理由ではなく、どうすればできるのか、どんなことならできるのか考え、自ら実践します。全ては自分の考え方次第、自分の選択の結果だと意識し、主体的に前向きにとらえ報告、連絡、相談し、行動します。
・今日この日を後悔しないように、良心に従い、日々是好日の考えで行動します。



     
 今日この日を後悔しないように、日々是好日の考えで行動します。

 
いやさか苑は、
地域住民が主体となり、様々な地域課題を解決する。
地域密着型特養を活用して、地域がつながる。
ための社会資源でありたいと願っています。

 

Copyright(C)2014 iyasakaen.All rights reserved.